光回線とWimaxの比較

私の家は、もともと兄と母の三人暮らしでみんなそれぞれパソコンを持っていました。その時の回線はいわゆる電話回線といわれるもので、スピード自体は普通のに比べて遅かったです。それに加えて無線を飛ばして何人か使うため、無線を使っている方はとても遅かったです。誰か一人でもファイルをダウンロードしたり、ネットで動画を見たりすると他の人達のインターネットの回線の速度が明らかに遅くなっていたりして、とても大変でした。
しびれをきらした兄がある日、光回線にするように提案して、みんな合意してついに我が家にも光が開通しました。光が開通してからはとてもインターネットにつながる速度は向上して、無線でインターネットを使っている人もまったく違うほどのスピードで、一回このスピードに慣れてしまうと、もう元の回線には戻ることができないです。
その後、私は一人暮らしをすることになり引っ越しをしました。私はポケットWiFiはもっているものの引っ越した部屋が電波がつながりにくく、インターネットがとても満足にできることができませんでした。そこで、やっぱり光回線を家に開通しました。そうしたら、この物件の唯一の欠点である電波の悪さも光によりカバーして、普段と何の代わりのない生活を送ることができました。
光回線で注意することとしては、家にくる営業マンなどに気をつけることです。結構の数の営業マンがきて光回線を利用していると、自社に乗り換えるようなプランなどを説明してきますが、ほとんどは値段が変わらず、むしろ後々マイナスというパターンになるかもしれないので気をつけてください。いい物にはいろんな人が集まります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ